人気ブログランキング |

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年の冬はニューヨークに来て初めて暖かい日が続いており、カリフォルニア時代のクリスマスを思い出します。

アメリカでは秋に祝日が少なく、学校で朝早くから働き夜遅くジャズクラブから帰って来る慌ただしい生活が4ヶ月近くも続きましたが、音楽に満ち溢れた現在の生活はとても気に入っています。学校の仕事が冬休み間はゆっくり好きな料理をしたり友達と会ったり作曲やじっくり練習出来ることがたのしみです。

クリスマス・イヴは教会で演奏の仕事。私の隣は素晴らしい歌手、神父さんの奥さん(&娘)と彼女の妹(彼女達はジャズピアノ巨匠のサイラス・チェスナットの従姉妹とつい最近判明)。
a0094202_13484416.jpg


昨日は2年間に亘って毎週日曜日にゴスペルを演奏してきたこの教会での仕事の最終日でした。アフリカ系アメリカ人文化を通して、音楽に人が生きていく気持ちを変える力があることを毎週感じ、恵まれた国日本で生まれ育った私の常識を今一度見直す素晴らしい経験がたくさん出来ました。
来年度はこの教会で私のリーダーバンドでジャズ演奏するイベントが予定されています。

夜は旧友のダントン・ボラーの実験的なライブをするというので彼のお誕生日お祝いを兼ねてウィリアムズ・バーグのBembeというクラブへ行ってきました。エレクトロニックのループを駆使した音楽でしかも夜1時から2セット目の演奏が始まり、おまけに飛び入り演奏までしてきました。会場の熱気にすごく盛り上がって、とても楽しかった。
ダントンとは学生時代コントラバスの試験の伴奏をよくして、ニューヨークに来てからはジャズを一緒に演奏し、今日はクラブ。。。と、感慨深かったです。そういえば朝は教会だったなあ、、、と遠いことのように振り返って眠りにつきました。




昨夜Kitanoにお越し頂いた皆さま、ありがとうございました!とても素晴らしいライブとなりました。音楽を別次元へと引っ張っていってくれたCorcoran Holt氏とWillie Jones III氏には、私が今ニューヨークでこのような素晴らしいミュージシャン達と共に音楽を創れる機会に恵まれていることを心より嬉しく思い、感謝しています。


(後記)

過去3年キタノでのブッキングは様々な都合により当初の予定とは違うメンバーで演奏して来ました。今年ははじめのブッキングの予定通り共演できてとても安心でした。

リハーサルはライブの1日前に私の自宅でドラムセットを借りてきて2時間ほど。ウィリーとココランはこれが初顔合わせのライブだったそうで、演奏はもちろんのこと、会話も含めとても楽しいリハーサルとなりました。はじめての共演なのにもうバッチリな素晴らしいチームワークでした。さすがです。

日本人男性のニューヨークご旅行出張中のお客さまも熱心に聴き入ってくださり、終わってからお話しさせて頂くとライブ演奏にとても上気されていたことが印象的です。


また近々、ぜひこの3人で演奏したいです🎵


[END]