<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

(注釈:2010年6月30日のデビューCD日本国内での販売にあたり、当時D-Musikaレーベルに所属しておられた水野悠さんが、CDの日本語解説として下記をご執筆下さいました。)


『「今です、今!!毎日、100%ジャズのために生きている私。」
(08年08月たなかさんのブログより)

本作はこんな熱く、前向きな気持ちでジャズの最前線NYで活躍するピアニスト、たなかかつこさんの1stリーダー作である。

メンバーはL.A.時代からの友人Danton Boller(b)、Willie Jones Ⅲ(ds)、そしてゲストで1曲Antonio Hart(as)という、素晴らしく豪華な面々である。実はトリオとしては録音前のリサイタル1回と本作の録音、Antonioを加えたカルテットは、初の組み合わせでありながら、リハ+2テイクのみながら、Danton、Willieとは何とたなかさんが「ほぼ英語が話せなかった頃からの長い付き合い」というまさしく盟友、Antonioは2008年から在籍したクイーンズ大学院での恩師と、同じコンセプトを共有できており、遠慮のない4人ならではな、レギュラーグループのような演奏を聴かせてくれる。

そんな中、もちろん、クラシックを出自にもつたなかさんのピアノは、しなやかにうたい、的確なタッチで、特に和音のバランスの良い鳴らし方と展開は特筆モノ。とても楽しませてくれる。
ではそういった技術が魅力の要因だろうか?答えは当然ちがう。

なんといっても本作の最大の魅力はオリジナル曲を主軸とした「音楽」そのものだろう。

ここに主役としてあるのは「豪華なプレーヤー達」でも「技術の饗宴」でもなく、5曲のオリジナルとスタンダード1曲、オスカー・ピーターソンそしてジョン・ヒックス作曲の2曲(それぞれ初演は64年「Canadiana Suite」(LIMELIGHT)、79年「After The Morning」(WEST54 未CD化))によって構成された、まさしくたなかさんが表現することを求め続けた「音楽」だろう。

冒頭でも引用させていただいた、たなかさんのブログを読むと、クラシックからジャズへと転向し、必死に前を向き、L.A.から帰国後の日本で、そして現在の拠点であるNYでの研鑽が、非常にさわやかな文章で書かれている(このCDを手に取ったみなさま、必読ですよ)。
その中で作曲に関してこんな記述がある。
2006年7月のブログより
「これまで引っ越しが多かったせいか私は土地の印象に敏感で、(中略)東京時代には目白通り沿いの早朝「Dawn」を描いて、ライブでも演奏している。」
疾走感溢れる本作のオープナー「Dawn」の誕生秘話なのだが、各曲のそれぞれ個性際立つ作りにはこういった背景も大きく影響しているのだろう。
L.A.時代にメンバーのDantonの曲に影響されたという2曲目「Shell」も華麗な美しさと優雅なテーマ、その世界を受け継ぐ物語性のあるソロが聴けるワルツの佳曲である。
柔らかに紡がれる会話、ゆるやかに流れる時間を感じさせる4曲目「A Midnight Talk」。雰囲気は一変してゲストのAntonio Hart(as)が縦横無尽に駆け巡り、たなかさんの切れ味冴えるコンピング~ソロ、華麗に倍テンするリズムからソロまでWillieも名人芸と呼ぶに相応しいドラムを聴かせてくれる5曲目「Stretching」。活動の拠点を日本~L.A.~日本(東京~大阪)~NYへと移すたびに経験しためぐり合いや別れを交差点に例えた美しい5拍子のタイトルトラックの6曲目「Beyond The Intersection」。
オリジナルだけでなく、原曲の旋律から呼吸まで大切に解釈された”小麦の国”を意味するO・ピーターソン作の3曲目「Wheatland」、作曲者J・ヒックス自身も何度も録音し、没後にはトリビュート作にも収録された名曲「After The Morning」の胸を締め付けるような情熱の迸り、そして8曲目の有名スタンダード「It Could Happen To You」の愛らしい表現。カヴァー曲も素晴らしい出来栄えである。

そして、数々興味深い言葉が記されたブログの中から、たなかさんの原動力ともいえる記述を引用させていただきたい。
2006年10月のブログより
「クラシックピアノ奏者だった私にとって、有名な曲も自作の曲も「自分らしい」表現をしているjazz musicianは、自分らしい生き方をしている、それは自由で楽しくエネルギッシュなことをやってる人達に見えた。周囲を見ると、jazz musicianとして成長する速度とその人の音楽に対する愛情の深さ、artistとしての成熟度と愛情を注ぎ続けた時間は、それぞれ比例するんじゃないかと最近感じる。」
この文中の「愛情を注ぎ続けた時間」は、きっといまでは「愛情を注ぎ続けた時間の密度」と、たなかさんの心の中では変わっているのではないだろうか。

一期一会の瞬間だけではなく、深い愛情でじっくりと熟成され、自由な表現と高いエネルギーの流れを持ってこのときを迎えた、たなかさんの「音楽」がここにある。』




a0094202_123965.jpg

左から, Danton Boller(ダントン・ボラー), Willie Jones III(ウィリー・ジョーンズ III), たなかかつこ, Antonio Hart(アントニオ・ハート)
2009/12/16 ニューヨーク, ブルックリンにて
(Photo by Yoko Matsumoto)
6/21に関空到着後、3週間の日本滞在を終えて、昨日の夕方やっとマンハッタンの自宅に戻りました。
帰国中はたくさんの方々にライブハウスにお越し頂き、本当にありがとうございました!!

少しずつしかお話もできませんでしたが、学生時代の懐かしい友人達から、渡米前に昼間社内翻訳・通訳者として数々の派遣先で一緒に働いてきた方々、家族やその親しい友人達、一緒に演奏していたミュージシャン仲間やCD発売の際にお世話になった方々、渡米前からライブに来てくださっている方々など、本当にたくさんの人と一堂に再会できました。また東京では、昔からの熱心なジャズファンで今回私を新しく知って下さった方々ともたくさんお会いでき、とても有意義で充実した日本滞在でした。Geneや安ヵ川さん、萬くん、Larryさんとの共演は初日が初顔合わせにも関わらずとてもたのしく、私を一段階上に押し上げてくれた感じがします。この先のニューヨークでの演奏活動に確実に拍車をかける経験となりました。

完全に日本を満喫できました。思うに、NYでは慢性的に「ナメられてはいけない」という気が漲っています。簡単に人の弱みにつけ込む人が多いこの街ではいつも警戒が必要で、最近は知らない間に自分のプレゼンテーション方法をいつもアメリカ式に置き換えて考えている感じがします。たとえばきのう、JFK空港から帰りのタクシーに乗ってやっと家に辿り着き、クレジットカードで料金を払おうとしたところ「精算メータが故障したみたいで精算料金が出せない」というタクシーの運ちゃんの寸劇に数10分つきあわされました。約12時間のフライト、空港到着後は移民局審査のため長蛇の列に並ぶこと2時間半、そして疲れてやっと家に着いたのに、タクシーの精算メータがこわれてる??帰ってルームメイトにその話をすると「ああ。カードだとピンハネできないから、故障を装って現金払いをさせる運転手はいっぱいいるらしいよ。『私は銀行口座にお金が一銭も入ってないから、キャッシュカードで現金を引き出せない。カードでしか払えないんだけど』と言ったら、瞬時にその機器はなおるはずさ」と言われました。
はあ〜、そうやった!自分の取り分$$$中心の街ニューヨーク!カスタマーサービスがナンバーワンの国日本から戻ったばかりの私はすっかり寸劇を信じて現金払いの上、気の毒に思ってチップもはずんでしまった次第です。はやくNYモードに切り替えなアカンな〜。

体によさげな美味しいものをたくさん食べて、家族や友人にすっかり甘え、いろんな方達と前向きなコミュニケーションを堪能した後なので、さっぱりと洗濯されたように自分の中の良い部分だけが残っているワタシです。振り返ってみると老若男女職種を問わず新しいことやエネルギーを求めている人達にたくさんお会いできたように思います。


都合をつけてお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

今後も応援をどうぞよろしくお願い致します!!


たなかかつこ


以下ライブレポートです。



Design: 渥美淑子
a0094202_7284397.jpg




@吉祥寺 SOMETIME たなかかつこTRIO with 安ヵ川大樹 and GENE JACKSON
on Friday 7/1/2011

Photo by 白根勲

はじめての東京でのリーダーライブ。はじめてのメンバー。リハーサルをする日がなかったのではやめにお店にはいってさらっと各曲のサワリだけやってすぐ本番。
a0094202_7251871.jpg


震災後にも関わらず1セット目からたくさんの方々にお越しいただきとてもうれしかったです。サムタイムは2階や半地下席、ピアノの真後ろにも席があり、お料理も美味しいステキな老舗のお店でした。CD店DISK UNIONジャズ館がすぐ裏にあり、昔から日本のジャズを支えている吉祥寺がとても好きになりました。
a0094202_203369.jpg


a0094202_19382663.jpg


思いっきり関西弁でしゃべってます。
a0094202_1939199.jpg


Gene Jackson! やっぱりね!
どの曲もはじめてのはずなのに魔法のように次々音楽が展開していきました。隙が全っ然ないですね〜!
a0094202_2124475.jpg


On bass, 安ヵ川大樹
a0094202_2023269.jpg


「やっぱり安さんのベースって、すごいわ〜」と伴奏しながら思っていた私です。
a0094202_19392830.jpg


とってもたのしかったトリオ初日でした。
a0094202_1354195.jpg


@池袋 APPLE JUMP CAFE たなかかつこTRIO on Saturday 7/2/2011
Photo by 白根勲

翌日Apple Jumpも満員で大盛況でした。熱心なジャズファンや生活に前向きなエネルギーを求めている東京在住の方々、また遠く名古屋からわざわざこの日のために来て頂いた方々に囲まれ、MCもとてもリラックスしてたのしかったです。

ここを紹介してくれたピアニスト西山瞳ちゃんやジャズ・ジャーナリストの杉田宏樹さん、ボーカルの大木理沙さんともお話ができてうれしかったです。オーナーの関さん、ありがとうございました。
a0094202_5541785.jpg



服装の歪みをまったく確認せず、、、でも充実感あふれた感じが出てますよね?ね?
From the left, Gene Jackson, Katsuko Tanaka, Daiki Yasukagawa.
a0094202_2035170.jpg



@池袋 P'S BAR, 若林美佐trio with 矢野眞道
on Thursday 6/30/2011

Photo by 白根勲

東京滞在は3日間で、初日は若林美佐ちゃんがボーカルの矢野眞道さんと関西でよく一緒に演奏していた同士としてブッキングしてくれました。新幹線で東京に到着後すぐみさちゃんと池袋のマルイで待ち合わせをしていたのですが、東口に出てしまってマルイに辿り着くまでに相当時間がかかりました。おそるべし池袋。
a0094202_2041453.jpg


On bass, 若林美佐!
a0094202_21404192.jpg


いぶし銀ピアニスト伊原康二氏が遊びに来てくれていて2曲演奏してもらいました。
a0094202_2051280.jpg


マルイまでは迷ったもののライブはたのしくてほっとしました。この後池袋の台湾料理で矢野さんがメンバーにご馳走してくれ、日米のちがいをいろいろ話したたのしい東京初日でした。
a0094202_21402611.jpg




@西宮北口 CORNER POCKET たなかかつこトリオ with 萬恭隆 and Larry Marshall
on Sunday 7/3/2011

Photo by 吉田優子

東京から新幹線で大阪に戻った日の夜は関西のトリオメンバーとのリーダーライブ。こちらもスケジュールが合わず初顔合わせなのではやめに入ってリハーサルのパターン。いつも親しんだお店だからかプレッシャーはありません。
a0094202_2063120.jpg


On drums, Larry Marshall from フィラデルフィア!今は天六に住むとても繊細なアメリカ人です。
a0094202_207512.jpg


お店のママと萬恭隆くんと。(Photo by Hikari-chan)
マスターが亡くなったあと、しっかりと4年間コーナーポケットを守ってくださってありがとうございます。New Yorkで数多くのすばらしいベースと共演した今も、萬くんのスゴさをあらためて再確認できました。
a0094202_69565.jpg


@難波 TAKE 5 たなかかつこトリオ with 萬恭隆 and Larry Marshall
on Friday 7/8/2011


ミナミは地元とあって会場は満席、マスターが楽屋から予備椅子を持ち出すほどでした。地元の皆様お忙しい中駆けつけて頂いて本当にありがとうございました。そしてマスター&奥様、いつもながら熱いご協力と応援をありがとうございます!
From the left, Yasutaka Yorozu, Katsuko Tanaka, Larry Marshall
a0094202_811041.jpg


a0094202_7523214.jpg


@難波B-Roxy with 河村英樹、臼井優子、たなかかつこ, and 木村知之
on Saturday 7/9/2011

Photo by 田井むつみ

最後のライブはジャズ科ができる前の大音大時代のメンバーと。上辺のジャズではなく音楽の基礎や探究の姿勢がちゃんとしてる人達だと改めて感じた次第です。チャーリー(河村英樹)、、、ジャズしとったなあ〜ロイ(・ハーグロヴ)が聴いたらすごく演奏気に入るやろうなあ!ライブに来てくれたピアノ科同期のむつみちゃんが最後にすてきな写真を撮ってくれました。
a0094202_2010652.jpg



以上、写真を撮影してくれたりフライヤー作成をしてくれた方々、また写真がないライブで今回共演頂いたミュージシャンの皆さん、ありがとうございました。
次の帰国予定はまだ未定ですが決まり次第このブログでご報告します。
それまでどうかみなさんお元気で! またお会いしましょう!!


たなかかつこ♪
by katsukotanaka | 2011-07-13 19:41 | ☆JAPAN TOUR 2011