<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


お年賀メールありがとうございました。10月に風邪ひきのことを書いたせいと1月はじめのNYは連日マイナス気温だったので、風邪を気遣って頂くメールをたくさん頂きました。ご心配おかけしました、10月以降は1回も風邪をひかず乗り切ってます!日本の気温と比較するとたしかに寒そうですが、2年もこっちに居っぱなしだと「冬はだいたいこんなもん」と心の準備が出来ていて、来た当初とは全然感覚が変わりました。朝窓の外の雪を見たら、うわあ今日は電車遅れるし夜中はタクシーも走ってくれないかも、と思います。ここ1週間はマイナスにもならず(華氏33度以上)穏やかです。

現在、CDのミキシング・マスタリング作業中。
ダントンや近くに住むトランペットプレイヤーのAmbrose Akinmusireと録音を一緒に客観的に聴いてみて、音楽で一番大事なのはエネルギーの流れだと実感しました。少々まちがったってエネルギーを持ってて方向が合ってたらよいと。音大のクラシック科の入試ではアウトですけどね。昔ブラッド・メルドーのレッスンを1回だけうけたときのことを思い出しました。当時はジャズの曲は全然知らなかったので、ブラッドの演奏をコピーしてその譜面を持って行きました。それをCDと一緒に聴きながら確認していたときに明らかにまちがった箇所があって、彼が「Ooops!! But, it's Okay...!」と言いました。私はブラッドだから何をやってもIt's Okayに聴こえるのだ、とずっと今日まで信じていましたが、もしかするとそうではないのかもしれない、と思い始めました。

新しい音楽に触れるため、Ambroseのギグをはじめて聴きにいきました。
今をトキメくWalter Smith III, Gerald Clayton, Harish Raghavan, Justin Brownというほかにかわりがききそうにないレギュラーメンバーを従えて、オリジナル曲!たった3ドルのコーヒーでこんなすごいものを聴いてしまってよいのか?!という迫力のライブ!!こういう場所があるということがNYCはすごいな。1月にしてまちがいなく2010年でもっとも印象に残るライブです。あのあと、新しい曲が1曲仕上がってもうフィナーレ(楽譜ソフト)で譜面も書きました(=次のギグのときにメンバーにフメンを渡してそれを演奏する準備が整っているという意味)。


きのうスタジオでスケジュール確認していて、ちょうど2年前の1月21日にスーツケースひとつでJFK空港にに着いたなあと思いました。あれからいろいろあったなー、と思いつつ、ひとつひとつ振り返るのは面倒なので前だけを見ています。昨今は社会に置かれる企業の立場がかなり変化し、日本の会社員の生活に大きな影響を及ぼして皆さんも大変だと思いますが、逆にこのタイミングで今までよりも良い人生にする策は何かあるはず!
みんなで明るい未来をつくっていきましょう!

今年もよろしくお願いいたします。
特に今年は第1作目のCD発売になりますのでぜひぜひぜひぜひ、よろしくお願いします!


こちらに来て新しい音楽に挑戦しながら、昨年の終わりにはFat CatやCleopatra's Needleといった地元のジャズクラブで自分のリーダーバンドもはじめることが出来ました。プレゼン内容は関西でのリーダーバンドと極端な差はないんですが、全体の音楽の雰囲気はメンバーによって変わりますね。英語でメンバーや曲紹介をしながら私もNY生活にちょっとは馴染んで来たかな〜、って感じました。レコーディングも終了したとあって気分も一新。大学院も無事卒業できている、、、はず。


2010年は肩の力をぬいて前向きに行きたいと思います。


CDのミキシング作業の前にピアノトリオのCDを聴いています。そこでおススメの誇るべき日本人ピアニストのCDをご紹介。こちらでお世話になっている百々徹さんの「Do you like Cappuccino?」早間美紀ちゃんの「Wide Angle」そして師匠ケイ赤城の「New Smile and Traveled Miles」。3人三様にとてもいいです。技量的に聴きごたえがありながらそれを忘れさすくらいアイディアが豊富で表現がおもしろい。どどさんのユーモアのセンス、繊細さ、みきちゃんのダイナミックさ、そしてKeiさんの貫禄。美紀ちゃんは今月末から日本で演奏しているはずですので、ぜひぜひ生演奏をお聴き逃しなく!!




卒業リサイタルの写真。

a0094202_1452738.jpg

from the left, Katsuko Tanaka, Danton Boller, Willie Jones III


アントニオの笑顔。

a0094202_14573536.jpg

Antonio Hart



ちゃんと卒業できてるんやろうねえ。。。

11月に入って「卒業に必要な36単位に足りていません」という手紙が来た。えーBulletin[公示ガイドブック]に必要単位数は33単位って書いていたのになんで??審査課に問い合わせたらあなたあと3単位取らないとダメよ、ほら、コンピュータがそうはじきだしてるわと画面を見せられた。音楽学部に問い合わせてみたら審査課との間で今日まで誰にも知られていなかった行き違いが最近発覚されたが心配しないでいいと言われた。ほっとした。なのに、卒業リサイタルについてのThesis[卒業論文?]を提出することで空白の3単位が与えられる解決策に急遽決まった、って、そんな重要なことを、設備の都合でたった20分しかできないこの卒業リサイタルの慌ただしいリハーサル中に通告された。でもさすがこの2人は初見強いし曲の理解が確実ですね〜全く問題なしでした。

あ、でも3単位分、お金は払わないでいいから得したのかな。
まさかあなたお金を3単位分滞納しているから卒業できてません、って言われたりして、、あり得るなあ。。。。


卒業後はすぐ帰国する予定でしたがもうしばらくNYにいることになりました。今後の見通しが立ち次第、このブログにてご報告します。それではみなさん、よいお年を!