<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「寒っっっ!!」
JFK国際空港から一歩出た瞬間言った言葉はコレです。
帽子は耳までかぶって長いコートの前は必ず首までしめてます。20日の関西での雪の日と比べると湿気がないので、晴れている日は気持ちが引き締まる感じ。といっても、屋内はどこもセントラルヒーティングといって全館暖房がきいていて(たぶんNY州で定められていて暖房代はどこでも家主持ち)半袖1枚です。来て3日が過ぎ、家も決まって後はピアノをどうするか悩み中。当分は学校の練習室をアテにしてます。クラスは月火木の午後4時40分から7時半で1/28から。聞いた話ではライブの始まりは大体8時らしく、その日の晩仕事の人は6時半くらいに帰ってOKらしいです。

「大丈夫だから、とにかく来て」
市立大学職員らの返事にだまされたつもりで来ましたが、ほんとにすべてが大丈夫でした。じゃあなんで公的な規約・規則にそう書くの?
どうも、ここまではOK、これが済んでいたらここまでは融通が利く、といった様に、個人の様々な状況に応じて融通が利く範囲があるみたいです。で、担当者は窓口に来たひとりひとりに丁寧に責任を持って応対していた(自分の担当部分だけピンポイントですが)。だから電話やメールは読んでいるけど問題が無さそうならいちいち返事しないみたいです。顧客満足主義で働いても、職員数は増えないから仕事が増えるだけで給料は変わらないもんね。「とにかく来て」みたらスムーズに進みました。信用できるのなら、払っている金額を考えると私はまあまあ満足です。

今回は何もかもがおそろしくスムーズです!年明けからぐずぐずしていた風邪も、日本の病院で余分にもらっておいた薬を飲むこともなく治ってしまいました。
はやく落ち着いて音楽生活にハマりたいなあ。


2007.7.24 @Take Five (Osaka)


たなかかつこクインテット Vol. 3
Feauturing 嶋本高之(trumpet) and 河村英樹(tenor sax.)
with 萬恭隆(bass) and 清水勇博 (drums)

Katsuko Tanaka Quintet
featuring Takashi Shimamoto(tp) and Hideki Kawamura(ts)
with Yasutaka Yorozu(b) and Takehiro Shimizu(ds)
(photo by Shiro)


a0094202_15565824.jpg東京在住メンバーがいたのでライブ回数は少なかったけど、NYへ行く前の私に大きな財産とこれからの課題をもたらしたクインテット。


a0094202_15572352.jpg


a0094202_15585610.jpgチャーリーと演奏した後はいつも「やばい!」と思ってパーカーオムニブックで練習してしまいます。とても後輩思いで優しく音楽が大好きで仕方ない実直さが、熱く男前な演奏によく出ています。このクインテットで共演するまでは音大で19-20才頃のかわいい頃しか知らんかったけど、責任感ある良い男になったなあ。



a0094202_15574591.jpg今の私の課題のひとつは「寄り添っているけど自分のぺースを絶対見失わない」演奏。


a0094202_1558331.jpgイケイケにする。もりあがる。やさしく表現する。アンニュイな感じ。寂しげな感じ。クールでカッコいい変化の方法。イメージしたものの表現ひとつひとつがとても繊細で、自分が何をしているか解っていてよく出来ている。なんとなくじゃなく理由があって一音一音そうなってる。そんな感じがします。もちろん吹いてるときはなんも考えてないでしょうけど。言葉で言えないアーティスティックな空気。長くその音に浸っていたい感じ。



a0094202_15591292.jpg最後にセッション。ゲストは音大の後輩の臼井優子。11月のBasin' Streetでの彼女のライブではチャーリーと木村知之氏と4人で演奏出来てたのしかった。パワフルな期待のボーカル!



2007. 8.19 @Satin Doll (Kobe)


矢野眞道(vo), たなかかつこ

Shin Yano(vo) duet with Katsuko Tanaka(pf)
(photo by Shiro)

a0094202_15595624.jpg歌伴の"A to Z"を学んだサテンドール神戸。あ、"A to M"くらいかな?


a0094202_1602962.jpgめずらしく顔が写っているものを一枚!


a0094202_161153.jpg東京ではじめて共演した時はまだデトロイトにいた矢野さん。英語がとても流暢です。その後縁あって関西でよく演奏しました。



2007.9.17 @Creole (Kobe)「Jazz Complex Vol.1 」
(photo by Nazochu)

a0094202_1614797.jpg


a0094202_163588.jpg
西山瞳ちゃんによるすばらしい主旨の企画「Jazz Complex」。第二回は2月17日で同じくクレオールでの開催です。イベントについての詳細、予約へのリンクはコチラ。私は渡米になったから1回目に声かけてもらえててよかったです。瞳ちゃんは今後も長いお付き合いをして行きたいピアニスト。演奏スタイルはとっかかりの印象なだけでジャズは最終的にはその人自身を顕すもの。彼女とどこか似た部分を感じています。




2007.10.30 @Take Five

たなかかつこピアノトリオ with 萬恭隆(bs) and 清水勇博(ds)

Katsuko Tanaka Trio
with Yasutaka Yorozu(bs) and Takehiro Shimizu(ds)
(Photo by Shiro)

a0094202_1633586.jpgこの日はNY旅行の影響で、しみしみに薦められてハマったロバート・グラスパーの7拍子の曲「Jelly's Da Beener」もやったなあ。


a0094202_1635630.jpgよろピーは静かだがいつも思ったこと、感じたことを熱く言ってくれる。


a0094202_1642560.jpg休憩時間に演奏の感想や最近音楽について思っていることをよく3人で話しました。何気ないそんな会話が後々までものすごく心に残ることが多い。インテリアがすてきでコーヒーがおいしいお客さんとして入るにもとても好きなカフェです。




2007.12.9. @Moga Joga Dining 枚方宿 (Osaka)
矢野眞道(vo), たなかかつこ(pf)

Shin Yano(vo) duet with Katsuko Tanaka(pf)
(photo by Shiro)

a0094202_16547.jpg矢野さんが誘ってくれた、町家をお洒落に改装したイタリア料理店。パスタがおいしいです。


a0094202_1653663.jpg矢野さんはいつも前向きでいいように歌詞の内容を捉えるのに対して、私のは毒づいた解釈で意見が割れます。


a0094202_1662135.jpg渡米前に1月もう一度やりたかったのですが都合付きませんでした。帰ったらまたやろう!



2007.12.19 @Take Five (Osaka)
たなかかつこピアノトリオ with 萬恭隆(bs) and 清水勇博(ds)

Katsuko Tanaka Trio
with Yasutaka Yorozu(bs) and Takehiro Shimizu(ds)
(Photo by Shiro)

a0094202_1664885.jpg自分のバンドに必要なのはよろピーだ!と思って引き込みました。その時はまだ1回しか演奏してなかったのになあ。すっごい年下なのに音楽を演奏するにあたって精神的にとても頼りになる人。最近は自分の気持ちにより正直で、その分存在感がより増したベースのように感じます。



a0094202_167756.jpgしみしみと過去数年演奏してきましたが2年前と今は全然ちがう。今風なかっこいいスタイルを持ちつつ、最近の彼はなんとも男前な演奏するドラマーに。しかもすごい事は、毎回それが出来るところ。技術だけでなく精神が鍛えられてんのかなあ。



a0094202_1672921.jpgこの組み合わせがこんなに展開するとは。しみしみが「すごい!毎回進化するバンドや」と言ってくれたことがうれしい。毎回少しずつ新しいことをするのが楽しみで、結果的にこれが最後のライブになりました。1/9に6曲デモ録音をしたのでまたいつか公開します!




2008.1. 11. @Cross Road (Osaka)
たなかかつこ(pf) x 生田幸子(pf)

Katsuko Tanaka(pf) duet with Sachiko Ikuta(pf)
(photo by Shiro)

a0094202_1674856.jpgいつも明るく自然体な生田さん。ピアノの音色もコロコロ、キラキラ!


a0094202_1682682.jpgこの後は結構私の好きな写真です。ライブ終わってお客さんも帰った後、私がアレンジした「Darn That Dream」について「生田さんならどうソロとる?」と私がフメンみせてるところ。


a0094202_1685241.jpgで、私がメロディーラインを弾き生田さんがコードを弾いて、まずアレンジ後のサウンドを確認してもらって、、、


a0094202_1692312.jpgあまりに音楽がスルスル流れ続けてるので思わずもう1台のピアノで伴奏したくなった次第です。時間すぎてたのにすみません。


a0094202_1694440.jpg2台ピアノがあるクロスロードでのみできる組み合わせ。自分のバンドでオリジナル曲を演奏し始めたのはここです。マスターでドラマーの村上さんの椅子?


a0094202_1610720.jpgで、なんやらかんやら話しているところ。


a0094202_16102981.jpgたのしかった。自分の音楽の紡ぎ方に関して、何か節目みたいな瞬間のような気がする。



演奏できる場所がいろいろあって、一緒に演奏できる人達がいて、いろんな人達に聴いてもらう。こんなしあわせなことってないなあ、と感じる日々を過ごせました。聴きにいらした方の演奏の受け取り方は十人十色で、私は与えられた場所で精一杯今の自分が今できる一番いい音楽をその時の共演者と創る気持ちでピアノに向かっている。それがうまくいったりいかなかったりの繰り返し。うまくいく時の感覚をもっと確かにつかみたい。反応が良くエネルギーが高い時はまたその人達とその場所で演奏したいなあ、と強く思うし周囲もそう思ってくれる場合が多い。その場で聴いて下さった人達にいい時間を共有したと思ってもらえることはとてもうれしい。演奏していく場所があって聴いてくれる人たちがいるって、ほんとにうれしいことです。この法則は私の中ではずっと変わらないと思います。「今の自分が今できる一番いい音楽」をできるだけ、もっともっと高い所へもって行きたい。帰国して演奏する時にはまたよろしくお願いします!!

12/21に書類が届いて、ビザの面接を受けたり、NY州の学生に義務付けられている予防接種を3種類も受けたり、それで体力が弱ったのか年明けは風邪で寝込んだり、病院の英文証明が不十分なために電話をかけて補足説明したり、免許の更新や確定申告を済ませたり。後はアメリカに入国する際の補足書類がまだ学校から届く気配がない、1/25の学期開始前に私が取る授業を登録する担当教授との予約が取れない、等、日本では考えられないアメリカのお安いサービス対応のための不安のみです。この先この国に住むのだからいちいち心配してるとムダに疲れるので、やるだけやってなんとかなることを祈っています。ブログは今後NYからカキコみますので乞うご期待!!
今日出発します。

あけましておめでとうございます!

昨年はお世話になりました。ライブにお越し下さった皆様方、ありがとうございます!

今朝無事にビザとパスポートが領事館から送られて来ました。まだ細かい手続きがあって気が抜けませんが、1/21の朝早く出国する航空券を買いました(10月の旅行の教訓で、天候が悪いアメリカ国内の乗り継ぎはやめ、代替機がいっぱいある日本の航空会社にしました)。どこに住んでも、よい音楽を演奏し続けて行く姿勢には変わりありません。この先の数年間が私の長い人生に充実した財産をもたらすことがたのしみです!今年は広い意味で応援よろしくお願いします。

基本的に無理をせず、流れに乗って、いけそうならちょっと力強くはやく泳いで疲れを心地よく感じる。そして日ごとに筋力・体力・精神力を上げていく。そんな年にしたいと思います(最近水泳していて思ったことです)。

みなさんにとって良い年になりますように!

Katsuko


今月のライブ

1/3(木)Satin Doll(阪急/JR /阪神「三ノ宮」)
078-242-0100
浅香久志 (vo)
三原 脩(b)
演奏 7:00-/8:30-/10:00pm- 3回ステージ
神戸市中央区中山手通1-26-1 バッカスビル2F


1/5(土)Satin Doll(阪急/JR /阪神「三ノ宮」)
078-242-0100
with 田谷眞理子 (vo)
その他同上


1/9(水)Satin Doll(阪急/JR /阪神「三ノ宮」)
078-242-0100
with 森川奈菜美 (vo)
その他同上

♪ ピアノデュオ ♪

1/11(金)Cross Road(近鉄「布施」)06-6736-8870
生田幸子(p) x たなかかつこ(p)
演奏 8:00- / 9:15 pm- チャージ 2000円
東大阪市荒川1-16-7