タックス・リターン(確定申告)がおわった。これがおわるともう春が来る。
明日から夏時間になり、予報によると来週からは0℃以上の日が突然増える。


最近クラシックピアノを弾く機会がある。
ロシアから客員で来ている先生の指導の下でプロのダンスカンパニーで踊っているダンサーのレッスンでピアノを弾いている。ニューヨークには世界中から一流を目指すアーティストが集まり、毎日厳しい訓練を続けて高いハードルを飛んでその上さらに運に味方されて仕事を得ている。音大のレッスンで一音一音に対する張りつめた緊張感や緻密な表現力が要求された頃を瞬時に思い出した。音楽のスタイルをよく知っていれば、空気感だけでダンサー達と同じ場所に向かって盛り上がり、落ちるべき場所で着地出来るものだと実感する。
急に良いクラシックピアノが聴きたくなり、はじめてカーネギーホールに行った。仕事へ行く途中に当日のラッシュチケットを10ドルで購入、帰り道にピアノ協奏曲を聴いてきた。YouTubeでクラシック音楽を聴くことはよくあるが、コンサートホールで聴いたのは遥か昔。











ジャズでは普通ピアノにマイクを使うので、PAで増幅した音に馴れた耳があんな大きい空間で生音を聴くことがとても異質に感じられた。しかし曲の終わりには自分の耳がとても繊細になり客席を含めて会場の空気を感じとれるほどになっていた。
すばらしい音楽を生でホールで大勢の観客と一緒に静かに聴くのはとても贅沢な体験だった。



毎週日曜日は相変わらず黒人教会でゴスペル音楽をやっている。耳だけをたよりにグルーブとフィーリングを大切に演奏するのを毎週たのしみにしている。近々、帰り道にイースト・ブルックリンの教会にいるとても有名なオルガン弾きの演奏を聴きに寄りたいと思っている。




すべての素晴らしい音楽は生きる力が湧いて来る。
中でもジャズは、クラシックの持つ洗練と緻密さ、ゴスペル音楽のグルーブやスピリットがあり、作曲や即興、ほかのミュージシャンとの調和を伴うところが好きだ。

ニューヨークに来るまでは長いこと昼の通訳の仕事と演奏の両方を掛け持ちしていたが、今は昼の仕事をすることはなく1つ1つの音楽の仕事によって自分のあたらしい能力を伸ばすことができてそれで生活が出来る毎日を本当にありがたく思う。気が向けばいつでも世界一の芸術を聴きに行ったり、シットインして一緒に演奏することもできる。

昨年の抱負のひとつに巨匠のジャズを出来るだけ観に行くというのがあった。抱負通りに行動したため、今年の確定申告の経費計算のときに例年よりもジャズクラブに支払った金額が格段に多かった。

今年は、良質のピアノ演奏を出来るだけたくさん聴きに行きたいと思っている。



ビレッジにあるレストラン「Garage」にてフルートの佐伯真由さんのトリオ
Photography Takehiko Tokiwa




■  [PR]
教会では今月はAdvent(アドベント)といい、クリスマス(イエスキリストの生誕日)を待つ期間でした。アドベントには3本の紫のろうそくと1本のピンクのろうそくを用意し、1週目の日曜日に1本目のろうそくに火をともして、以降第2〜4週目と週ごとに火をともすろうそくを増やしていくという習慣があります。
クリスマスから年始にかけては一般に(?アメリカでは?クリスチャンでは?)Joy(歓び、歓喜)を感じるシーズンであり、JoyとHappiness(幸せ)というのは違うものであるというお説教がありました。Happinessはかねてから欲しかった車を買ったとか昇進したなど外的な要因で感じるしあわせであるのに対して、Joyとは自分の心の内側から感じれるものだそうです。誰からも見放されたように感じるつらく苦しい時期に、やけになってしまって人生をあきらめるという選択をせず希望を持ち続けていれば、そのあとに訪れるものは完璧で欠落のない結果だそうです。Happinessとはちがってつらい時期すらその試練をありがたいと思って人はJoyを感じることができるのだというお話でした。
この教会はゴスペル音楽なので音楽のスタイルは全然ちがうのですが、そのお話をきくとベートーベンの交響曲第九番の歓喜の歌の意味や、1楽章から4楽章までの音楽の意味が突然理解できたように感じます。


これは「Children's Moment」といってその日のお説教内容を子供にわかりやすくおしえる参加型のミニコーナー。



一般家庭では(本物の)もみの木を街頭で買いお気に入りのオーナメントで飾り付けをします。各階のお部屋のインテリアがとても素敵なお家で生徒達が飾り付けをしたツリーがすてきだったのでパチリ。



今日はアップタウンにあるSmokeというジャズクラブにてシンガーのアネット・ジョーンズさんのバンドで演奏してきました。パワフルでスイングするボーカル。リズムセクションもとても楽しかったです。3セット共入れ替えで満席。今年Smokeにはジョージ・ケイブルズとエリック・リードの2人のピアニストのバンドを観に行きましたが、あの時に彼らが素晴らしい演奏を繰り広げていたその同じピアノで、今自分が弾いているんだなあと思いました。




慌ただしい1年でしたが、毎日を音楽と共にたのしく過ごせてとても充実した良い1年でした。
みなさん、良いお年をお迎えください。


■  [PR]
「あっ」という間に2セットが終わってしまいました。

ビクターにはライブの1週間前に楽譜を渡し、カフェで曲の説明や、そこから脱線してクラシックや民族音楽を含むいろんな音楽の話、彼がニューヨークに来た70年代からのニューヨークのジャズシーンの話をする(きく)ことができました。ココランとはブルックリンの私のアパートで2時間ほど一緒に演奏して、当日は私もココランもジャズ巨匠のビクター・ルイスとの人生初共演。「Beyond Intersection」のCDのレコーディングの時もそうだったけど、経験あるミュージシャンは緊張させない上に私達からいろんなものを引き出してくれる。

ビクター・ルイス
ビクターは水曜日は朝9時からニュージャージー州の大学で1日中教えてすぐにギグに来てくれたとの事。なんという情熱と体力でしょうか。熱い。そしてマネージャさんの支えも大きい。

ココラン・ホルト
ココランとは3年前もここキタノで一緒に演奏していますが、かなりの急成長!!

そしてわたくし


ホレス・シルバーら近年亡くなったピアニスト達の名曲の数々ほか私のオリジナル曲をフィーチャーした構成でした。すべての曲がたのしかったのですが、特に2セット目で「Hey, It's Me You Are Talking To」を演奏したとき、3人で共演するのはこの日がはじめてな上に作曲者本人のビクターと一緒にこの有名な曲を演奏することで心地よい緊張感がありました。続く「Naima's Love Song」では、長年ジョン・ヒックスと演奏してきたビクターの(本人にあとで伺ったところ)感極まった演奏に、私もココランも刺激されてなんかすごいことになっていました。お客さんからはまるでスポーツ観戦のような声援を頂き、時間と空間を共有できている感じがうれしかったです。
お越し頂いたたくさんの方々、ありがとうございました!!



いやーたのしかった!

また曲を書いてピアノを練習しよう!

そして次の予定は新しいCDのレコーディングです!!


■  [PR]

いよいよです!!
とてもたのしみ。
ニューヨークにいらっしゃる方、ぜひ聴きに来てください!!
ご予約は212−885−7119まで。
オリジナル曲を含むすてきな曲を数々取り揃えています★



■  [PR]
今年のニューヨークは、比較的涼しく過ごしやすいです。
断崖絶壁の石をひとつ、そしてまたひとつつかんで、なんとか落ちないようにしているような毎日を過ごしています。その合間に結構息抜きして夏のニューヨークをたのしんでいます。


お誕生日の週にお友達とクイーンズ区コロナにあるルイ・アームストロング美術館へ。

実際にルイ・アームストロングが住んでいた家を内装もほぼそのまま残してあり、日常会話も練習もテープにとっていた録音マニアだったルイ・アームストロングの会話の音源をききながら、どんな部屋で寛ぎ、どんな部屋で食事をし、どんな部屋で音楽を聴いてどう練習していたのか感じることができました。ジャズミュージシャンの人達にはぜひおススメ。


これまでつかっていたMacBookが起動しなくなり電源を入れると「?」が点滅。5thアベニューのアップルのお店に持って行ったけど、その症状ではお手上げとのこと。7年使ったので仕方ない。一応ダウンタウンのTekServeに持って行き順番待ち。このレトロ感がいいです。

新品のMacBookと最新版の楽譜ソフトフィナーレへのバージョンアップを購入。去年ビザ申請にかかった費用もまだ挽回できていないうちから次々と、頭がいたーい!!幸いバックアップはこまめに取っていたのでデータの被害はなし。
昨年の今頃、2軒隣が火元となって下の階のアパートも全焼する火事があり、そのときパソコンとHDをもって避難せずとても焦ったことを思い出しました。自分で作成した200ページあまりのアーティストビザ申請書類も、作成した楽譜も、音楽CDも、全部HDに。ピアノは購入しなくてもレンタルで間に合うけど、パソコンは要りますね。幸い私のアパートは無傷でした。


ダウンタウンのルーフトップでのパーティで楽器のセッティングを終えたあと演奏までの合間にパチリ。



ユニオンスクエアで仕事の空き時間ができたのでウィンドーショッピング。



最近伴奏の仕事をはじめたマークモリス・ダンスカンパニー。遠方での仕事が多い私にとっては自宅から2駅先の通勤距離がとてもうれしい。



毎週日曜の朝はブルックリンの教会でゴスペル演奏の仕事。

昨年始めたここの仕事はいまだに毎週カルチャーショック。アメリカでは音楽がいかに一般人の生活に必要不可欠なのかを感じます。ヤマハ音楽教室育ちの私も、この教会の仕事を通じてはじめて、アフリカ系アメリカ人の思考回路で音楽に向き合っている感じがする。


夕方は1駅先の典型的なブルックリンのブラウンストーンで高3と中3の姉妹を教えています。よく働きよく遊ぶとてもすてきな家族でとても刺激を受けます。毎週家族全員に会うのがとてもたのしみ。スコットランド系の家族は8月はスペインとフランスに住む親戚の家へバケーションに行っています。



午後が空いたので、先日は教会の仕事を終えたあとウェストビレッジに住むお友達の家の近所でブラブラ。
ごはんのあとデザートを物色。ここのヨーグルト・アイスクリーム店は好きなフレーバーのアイスを自分で選び、トッピングやソースも自分で選ぶ。お餅とマンゴのトッピングが好きです。




フレーバーティーのお店へ。何もかもかわいい。




実は7月はじめに食あたりに遭い3、4日間水だけで過ごしました。好きなものが食べれるって、いいですね!

自分の体をもっと大事にするために夕方自宅前のプロスペクトパークを走っていると、何やらヨガをやっている様子。近づいてみると、毎週やっている無料ヨガクラスだそうでそのまま参加。芝生の上に裸足、飛行機雲のある空を見上げながらヨガ。足裏の土の感触がとても気持ち良く大地に根をはってる感じ。


プロスペクトパークでは夏は毎週末無料コンサートをやっていて、昨年はニューヨーク・フィルハーモニーの演奏を芝生の上に座って聴きました。花火もたくさんあがってとてもたのしかった。野外の仮設ステージでチェロ協奏曲とは、演奏技術もさることながら、PAの技術とマイクの性能のすばらしさにも感動しました。今年はロバート・グラスパーのバンドもやっていたようで、うちまで音が聴こえていました。ニューヨーク市が毎年夏開催しているサマーパークのイベントの一環です。


ああ、ニューヨークの夏はたのしい。
このままずーーーっと夏でもいい!!


来月9/10(水)はミッドタウンのJAZZ AT KITANOで久々のリーダーライブです。
今回もドラムを緊急に誰か探さなければと思っていたところ(昨年はこのギグの前日にベースのドゥエイン・バーノが緊急手術で入院だったなあ。。。)、

な、なんと!!

ジャズレジェンドのビクタールイス氏が共演してくれることになりました!!

良くも悪くも、何が起こるのかわからないのがニューヨーク。
とてもたのしみに全力でがんばります!!
ベースは、若手で大好きなベースのココラン・ホルト。詳細は後日掲載します。



■  [PR]
ニューヨークは初夏の陽気です。

ニュージャージーで朝9時にはじまる公立学校での週2回の仕事が終了したので、5月は久々に夜セッションへ出かけてみることにしました。夜といっても夜11時以降です。

まずクイーンズ大学院の時代の恩師、アントニオ・ハートがハーレムのMinton'sで主催していたセッションへ。ジミー・ヒースバンドのピアニストのジェブ・パットン、オーリン・エバンス、エリック・リードがいて、ピアニストのレベルがとても高い豪華なジャムセッションでした。私も含めて全員1曲ずつで交替でしたが同じピアノなのにまったく音色がかわってしまう。
エリック・リードとジャズの話や最近行っている教会の仕事の感想でこの日はかなり話がはずみ、その週末のアップタウンのSmokeというジャズクラブでの彼のライブに招待してもらうことになって最終日の11時からのセットをみることができました。ドラムのロドニー・グリーンのリズムのアイディアとベースのルベン・ロジャーズとのコンビネーションが新鮮さを吹き込み続け、その上で、または絡み合いながら、エリックの音楽が自由自在に湧き上がり走るすばらしいリーダーライブ。全日全セット、ソールドアウトで大盛況でした。
エリックらの若かった頃とはちがって今は巨匠も次々と他界し、ベテランは学校で教える仕事をし、現場で学べる仕事自体が減り、音楽高校や大学を出た若くて上手いミュージシャンで溢れかえっています。そんな今のニューヨークのジャズシーンで、巨匠とステージを共にして現場で音楽を体で学んできたベテラン勢と音楽を共有できる場所は、私にとって貴重な学校のようなものです。


NYに来てはじめの2年間は大学院へ行きながら練習→セッションの毎日だったけど、しばらく行かないでいると以前はまったく気付かなかったことに気付けたり、自分のピアノで強化したい分野が明確になったりしたのが新鮮で、翌週はZinc Barへ行ってみました。
まずニューオリンズスタイルのピアノのヘンリー・バトラーさんの飛び入り演奏をじっくり聴くことができました。盲目だけど目が見える人達よりもいろんなことが見えるのではないか、と思ったコミュニケーション抜群の演奏(この方は本当に目が見えないんですよ!)。とてもやさしく実直な人柄が感じられる演奏を楽しませて頂きました。そのあと私もシットインさせてもらいロイ(・ハーグロフ)とも久々にご一緒しました。ロイはご機嫌で、その場でピアノで自分のあたらしい曲を2, 3回弾いてみせ(クラーク・テリーに捧げた曲だと言っていた)、私とベースがその場でそれを覚えて、彼がソロをとるときにピアノの席へ入れ替わってシットイン。今見せられたものをすぐに消化して創って行く過程がドキドキします。アート・ブレイキーのバンドに居たトランペットのフィリップ・ハーパーや日本から遊びに来ていらしたTOKUさんも次々とシットインして大いに盛り上がり、聴いたことも演奏したことない曲でみんなで音楽を創るエネルギーをワクワク感じました。昔のジャズメンは楽譜は使わずこうして聴き伝えで曲を憶えて耳を鍛えたのですね(ロイのバンドでは楽譜は配られず今もすべてこうした伝え方だそうです)。そのあとのブルースも皆良い演奏でした。ステージもお客さんもお店の従業員も、その場にいる人全員をたのしくさせる能力があるところがロイのすごいところです。誰と何を演奏したらどうなるという計算、万一音楽が崩壊しそうになったら自分のトランペット一本で軌道修正してエネルギーを持ち直す自負もある。

ニューヨークでもそういう良いセッションは50回行って1回くらい。それはいつも朝3時か4時くらいの出来事だし興奮しすぎて帰ってもすぐ寝れず、体はつかれることもありますが、1月にビザが再度3年分おりたことに感謝して今はできる限りジャズを吸収したいと思います。

翌週は隣の家でパーティがあり、ケニーギャレットバンドのピアニストのベニト・ゴンザレスやアート・ブレイキーのバンドで演奏していたアンソニー・ウォンジーが来て弾き捲くっていました。ここでも彼らのピアノを食い入るように見たのち自分の順番もまわってきて演奏させてもらう、という、いかにもニューヨークならではのセッションでした。トランペットのモーリス・ブラウンはじめ管楽器のミュージシャン達も白熱し、ジャズクラブ以上のクオリティの高いセッションでした。

先日ピアノの百々徹さんの演奏も見る機会がありましたが、百々さんのピアノも本当にすばらしかった。
いやあ、本当にニューヨークにはすばらしいピアニストがたくさんいるなあ!!
、、、と今さらながら、改めて思い知った5月でした。



練習しよっと。



■  [PR]
先週末から、家の前のプロスペクト公園の樹々に緑が芽生えはじめました。半年間の枯れ木風景にようやく終止符です。厳しく長かった今年の冬はついに終わりかな?、、、と思いきや4月中旬というのに木曜日の朝には雪が積もりました。それでも樹々の枝はぐん!と上に持ち上がっていて、全開に芽吹く日を寒さの中じっと待っている感じです。



今年は2月中に米国で4回目となる確定申告を済ませ(米国では4月中旬が期限)、経費計算やレシート類の整理など毎年ルティーンの事務事項は最小限の労力で処理できるようになってきました。
元々の家賃が高いニューヨーク市近郊では昨年度は2%、今年は4%の上昇率、一方同じニューヨーク州でも郊外に行くとたった1%の上昇率だそうです。日本では4月から消費税が8%に上昇しましたが、ニューヨーク州では消費税は8.875%、お隣のニュージャージー州では7%。マンハッタン近郊は益々住みづらくなっていますが、毎日充実した日々を過ごせています。

2月はBlack History Monthでした。アフリカ系アメリカ人、いわゆるアメリカ黒人の歴史を継承する月間で、たくさんの場所で教会の仕事がありました。他州から高名な神父を呼んだ催し、教会という組織から離脱し有志が勉強会を立ち上げているスピリチュアル・ラーニングセンターなど、どこもゴスペル音楽の仕事で、私はクリスチャンではありませんがゴスペル音楽にとても興味があったので、普通に生活しているとまったく接点がない音楽を学ぶ機会が得られたのです。またこの仕事を通して「生きるため」に音楽が必要とされているコミュニティーがあることが体験できとても幸運に思っています。

2008年にニューヨークに引っ越して来てすぐ、ジャズのルーツを肌で知るために黒人教会へ訪れて体験レポートを提出する課題が大学院でありましたが、まさか日本人の私が数年後に自分がそのような異文化の中でピアニストとして働くとは思いもよりませんでした。
ジャズの仕事では黒人も白人も外国人(ヨーロッパ人、ロシア人、アジア人、イスラエル人)もいてお客さんには観光客やいろんな人種が居ますが、最近毎週行っているブルックリンの東の地区の黒人地域社会の教会は雰囲気がまったく異なります。この地域には至る所に黒人教会があり、日曜の朝はバスも電車も各自が通う教会へ行くために正装した人達でいっぱい(日本でいうところのお正月の初詣のような雰囲気)です。ここでは音楽そのものよりも宗教がどう家族の生活や考え方、生き方を支えているか、教会に通う人達にとっての音楽の位置づけや大切さなど、地域の一員になることですこしずつ理解できてきたように思います。一緒に演奏しているジャズミュージシャン達も小さい頃にはこういう場所で音楽に触れ道徳を培ってきたのだなあ、とルーツをあらためて理解できてきました。自分が知らなかった文化を知ることやこれまでの自分の常識を根底から覆される出来事は体力と気力が要りますが、とても目を見開かされる経験で、いくつになっても自分がより一層新鮮になれるように感じます。


さて先の話ですが、9月10日(水)ニューヨークのキタノホテルのJAZZ AT THE KITANOでピアノトリオをします。詳細がわかったらまたご報告します。今からとてもたのしみにしています。
ぜひ、聴きに来てください!


コロンビア大学内にあるThe Union Theological Seminary



■  [PR]
大晦日の夜8時頃実家に着き、家族でのご馳走にギリギリセーフ。2年振りの日本を満喫し、そろそろたのしかった帰国も終わりがせまってきました。毎日家族や音楽仲間、古い古い友人、先生、元同僚達、いろんな人達に会えたことがとてもたのしかった。人生で大事なものは、私にとっては人との繋がりなのだと再認識できました。関西の私の周囲では当たり前のように与えあっている人への愛情や尊重というものは、私の人生にとってはとても豊かな財産です。あと、良い音楽を創る、ということも。私は、日本でもニューヨークでも本当に良い人達に恵まれ支えられてラッキーだと思う。


初対面初共演の関西のベテランドラマー、竹田達彦さんを迎え、突然の帰国にも関わらず渡米前からお世話になっている難波の「Take 5」で演奏できました。たくさんの方々にお越し頂いて、ありがとうございました!楽しかったです。


河村英樹くん、萬恭隆くん、3人ともすばらしいプロフェッショナルジャズミュージシャンだと感じました。彼らには才能も備わっているけども、むしろ感性と姿勢、練習、人生でどれだけ音楽が大事か、が大部分を占めるのではないかな、と思いました。

皆様、健康に気をつけて豊かなよいお年をお過ごしください。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

たなかかつこ






■  [PR]

1/14(火) 「TAKE FIVE」たなかかつこカルテット

河村英樹(テナーサックス)
たなかかつこ(ピアノ)
萬恭隆(べース)
竹田達彦(ドラム)
7時半から1st set / 9時から2nd set
チャージ4000円(1ドリンク付き)

今回ライブをするのはこの1件だけですのでぜひお越しください!
場所は大阪市浪速区敷津東3-5-15 KSプラザ2F(06-6648-1139)


今日は仕事納め。
午前はブルックリンのゴスペル教会、午後はブルックリンのロシア教会でした。久々に雨が降っていて、ニューヨークジャズ界のミュージシャン仲間の哀しい気持ちを表しているようでした。

12/25, 26日と、元気にPeter BernsteinのバンドでSmallsで演奏していたベースのDwayne Burnoが、昨日亡くなったということです。まだたったの43才なのに。すばらしいベーシスト、ジャズミュージシャンであるだけでなく、家庭人としても素晴らしかった。残されたご家族にお悔やみとご冥福をお祈り申し上げます。
私はたった6年間のニューヨーク生活でDwayneと一緒に仕事をしたり、いろんな話ができて本当にうれしかった。ビザがうまくいったら次の3年はDwayneとWillie Jones IIIでもっとブッキングし、CDレコーディングをする話をしていた。「また今度」はない。今日が最後の演奏になるかもしれない。




とりあえずは明日の朝飛行機に乗って2年ぶりに家に帰ろう。
皆様よいお年を。






■  [PR]
# by katsukotanaka | 2013-12-30 14:58
メリークリスマス!!



今月は、イースト・ハーレムで8-14才を対象にジャズワークショップをしました。

ワークショップだからといってTake The A Trainなどのわかりやすいスタンダード曲ではなく、1曲目から自分のオリジナル曲「Stretching」をガツンと演奏。「私の曲です」とMCで言うと、拍手大喝采でした(こういう反応はジャズクラブにはなく意外)。つかみはOK。


あとは、インプロヴィゼーションについての説明とブルースやリズムチェンジ、クリスマスソングで模範演奏。90分のワークショップは子供にとって長過ぎるので、ランダムに質問形式にして生徒を巻き込みながら。


Q&Aコーナーもとても盛り上がりました。意外なのは地域性かドラムが子供達の一番人気の楽器でした。

先月、ZINC BARで一緒に演奏した若手グループで仕事しました。普段とちがうタイプの仕事がとてもうまくいったことで、一段と信頼関係が強まっているのを感じました。
Stacy Dillard on Saxophone.

Eric Wheeler on Bass.

Russell Carter on Drums.

またこのメンバーで仕事したいな。

毎週2-3軒のちがう教会へ仕事に行っています。ゴスペル音楽も地域別の文化も、とても勉強になります。



1月は帰国しています。テナーサックスに河村英樹くん、ベースに萬恭隆くんを迎え、1/14(火)に大阪難波のカフェTAKE FIVEでライブをする予定です。日程がわかり次第ご報告しますのでぜひぜひ聴きに来てください。よろしくお願いします。
TAKE FIVE
大阪市浪速区敷津東3-5-15 KSプラザ2F
06-6648-1139

メリークリスマス!!








■  [PR]